HOME>特集>ポイントを押さえて失敗の少ない取り入れ方をすることが大切

種類と摂取量に注意しよう

医療事務

更年期特有の症状を緩和することも期待出来るので、更年期にサプリを取り入れることはおすすめです。けれど、良いと言われるものを何でも摂取しようとすると量が増えてしまいます。また、効果があったからといって、推奨されている量以上にサプリを摂取しても効果がアップするわけではないので注意が必要です。自分に合うもの、必要なものを判断し、摂取量を守ることが大切になります。

新しいものは一つずつ

医師と女性

新しいサプリを摂取する際は、一度に一つずつ試すことがおすすめです。更年期に良いとされるサプリは色々とあるので、あれもこれも試したくなってしまうかもしれません。けれど、複数のサプリを同時に摂取し、合わなかった場合や効果を感じられた場合、どのサプリが原因だったかを特定するのが難しくなってしまいます。合う合わないはもちろん、効果のほどを確認するためにも、サプリは一度に一つずつ試すことがおすすめです。

体質の変化に合わせよう

女性

更年期になると、体質の変化を経験することも少なくありません。今まで問題のなかったものが急に合わなくなったり、好みが変わったりといったこともありますし、更年期障害が重くなったり軽くなったりと変化する場合もあります。更年期の間は、心身ともにコントロールが難しい時期ですから、サプリに関しても体質や体調に合わせ、その時々で必要なものを選ぶことがおすすめです。

飲み合わせに注意しよう

サプリ服用

サプリを摂取する際に気を付けたいことと言えば飲み合わせです。特に、更年期障害を緩和するために薬を飲んでいる場合には、よく確認することが欠かせません。飲み合わせによっては、薬の効果を弱めてしまったり、強めてしまったりするサプリもありますので、知らない内に、薬はもちろんサプリの効果を半減させることのない様、注意することが大切です。事前に飲み合わせについて調べることをおすすめします。

広告募集中